So-net無料ブログ作成
検索選択
亜米利加SPA事情 ブログトップ

セドナ07-08 総集編 ⑩ セドナのSPA [亜米利加SPA事情]

4月16日(木) 疲れた・・・今日が木曜ですごく嬉しい

最近、まめにブログを更新している理由は・・・。遅くまで仕事をしているから、なのでしょう。

日中会議が多く。日本とのコンコールとなると、夜5時(日本の朝9時以降)以降が多く。。前の会社の様に朝から晩まで24・7の体制でいるよりも楽にはなったのですが。メールの処理やプレゼンの作成等、PCに向かってやる仕事は、夜遅くになってから、になってしまう。 なので、ブログやFBは、丁度良い息抜きとなっています。
とは言え、なかなか皆様の所に遊びに行けない不義理状態が続いています。。。

木曜まで来るとかなり体も疲れていて、更に明日は朝が早いので、今日は早めに寝たいと思い。。。リンカーンの事、イースターサンデーの事等、時間が過ぎて、タイムリーな話題ではなくなってしまうのですが、これらは週末に書く事にして、本日は、簡単に、セドナのSPA をご紹介したいと思います。

このSPA は、B&BのオーナーのPamさんからご紹介して戴き、行きました。初めて行った2年前の5月の時は、何と言うか。待合室と、マッサージ等を行う個室のみがあって。更衣室も、サウナやシャワールームもない所で、街中のどこにでもある、マッサージ屋の様でした。なので、2度目にセドナに行った時は、Pamさんにお願いして他の所を紹介して戴いたのですが。 そこが3度目に行った時には、かなりアップグレードして。今では、更衣室どころか、リラクゼーションルームもサウナ(ドライとスティーム)もあり、毎回愛用しています。

最初に行った時に、私のやりたかったメニュー二つとも、セラピストがいない、とかで、他のメニューに変更せざるを得なくなり。。何だろな、と思っていたのですが。その時に知り合った、ドイツから来たBirgitと言うセラピストと、非常に馬があい、今では行く度に彼女にお願いしています。彼女は、いわゆる、シャーマン、と呼ばれる、見えたり聞こえたりする人で、更に、エナジー&ボディーマッサージもとても効きます。

私がBirgit にお願いするのは、New Beginnings か Opening to your destiny のメニューです。リーディングと、マッサージの90分のコース です。


リラックスをしたい方、お勧めです。

こちらは、その2年前の様子。今見ても、掘っ立て小屋みたい(笑)

new day spa.jpg

そして、1年前からは。。。。 えっ? お店の前の写真が無いです(汗)。ただ、中の様子はあります。

待合室に。

new day spa 2.jpg

リラクゼーションルーム

new day spa 3.jpg



Sedona New Day Spa



http://www.sedonanewdayspa.com/index.html




nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

The SPA at Estancia La Jolla [亜米利加SPA事情]

4月30日(月) 明日からはもう5月なんですね・・・。

今日ヨガに行ったら、涙が流れた。何が悲しいとか、感情では認識できない深いレベルの私の中の何かが癒された様です。やっぱりヨガは最高。。

昨日日曜に、ダンプスターにゴミ(護美って漢字を使いたくなりますね)を捨てに行ったのですが。そこに。。私が良くメキシコで見かけた様な、見るからにメキシカンの男性が、ダンプスターを開けて、リサイクラブルなゴミ(缶、瓶、新聞紙、ダンボール箱、プラスチックボトル等)を漁って集めていた。。それを見た時に頭をハンマーで殴られた気がした。。持ちつ、持たれつ。。そうやって集める人がいるのなら、お金を余分に集めて自治体で敢えて分別ゴミする必要は無かろうって事なのか。。アメリカは、都会程貧富の差が激しくなる。と言うより、成功の影に挫折あり。弱肉強食と言う狩猟民族の姿が良く現れているのが都会なのかもしれない。私が住んでいたノースカロライナのキャリーは、平均的賃金のレベルも高く、貧富の差が余り見られないし、住民が皆助け合いながら生活している、と言う意識が高い気がするし。街や市は、町民や市民の為にあり。。町民や市民から集めた税金で町民・市民の為に色々な事をやっている。税金でやりくりできる程度に財政は破綻していないし。。古き良きカルチャーなのだろう。

なんて考えながら、ゴミを捨てながら、おじちゃんに、ごめんと呟く。だってね、私のゴミ、リサイクルの品は入っていないし、前にも書いた通り環境汚染を微力ながら防ぐ為、フードディスポーザーを使うのを拒否しているので、生ゴミが入ってるから*匂う*しね(笑) ごめんよ、おじちゃん。

と、ごみの話でかなり紙面(いや画面・笑?)を使ってしまいました。。

サンディエゴSPA 第2弾。昨日、Estancia La Jolla と言うホテルにある、 THE SPA に行ってきました。ここは、サンディエゴのCity Searchで、ベストスパ、トップ10の#4に選ばれたSPAです。

何で今迄このホテルを知らなかったのだろう、と思ったら、できたのが2004年だそうで。。私が以前住んでいた時には存在しなかったホテルの様です。ホテル全体は、スペイン人移民初期のコロニー時代に使われていた建物を再現していて。ニューメキシコやアリゾナに見られる、スペインとアメリカ先住民の文化の融合、と言う感じのホテルで。ロビーはこんな感じです。

Estancia La Jolla 9700 Torrey Pines Road La Jolla, CA 92037 / 1-858-964-6590

Estancia La Jolla

 

http://www.estancialajolla.com/index.php

続きを読む


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

Pampered myself... [亜米利加SPA事情]

4月8日(日) ゆっくり休みすぎて開梱が全く進まず・・・

サンディエゴのSPAを片っ端から堪能する、と豪語しましたので(笑)、亜米利加SPA事情と言うサブタイトルを作ってみました。続くかな・・

ノースカロライナの近所の方とは今でもメールや電話でやり取りが続いていて。昨日は4月だと言うのに雪が降ったそうだ。今週はアメリカ全土で北極圏からの寒波が押し寄せているが、ある緯度から南の州(南カリフォルニア、テキサス、南フロリダ)はそれほど影響を受けず、寒い、と言っても、55度位(摂氏15度位)。

それにしても。違う文化に接した時と言うのは、それはそれは感じる事が多く、書きたいと思う事がたくさんあるので、忘れないうちメモっていずれ書こう、なんて思ってるうち、もう忘れて違う事を感じたりして。こう言う時が絶好の創造力の時、なのでしょうね。

慣れた物から不慣れな物へ移行する時、人間と言うのはまず抵抗するもの、みたいですね。。時には、自分のサンディエゴに来た決断は間違いだったと自分を罵る事もあり、かと思えば、来て良かったと思う事もあり。。こうやって振り子の様に両極端に振れながら、いずれ振り子が真ん中に落ち着いて、新しい生活が習慣となって行くのでしょうか。今の所感じるのは、不満が多いですね。慣れない物への抵抗と。慣れた物への執着と郷愁と。。他人の芝生は青い、無い物ねだり。。とは良く言ったものです。

でも今日は、これを書こう。(唐突ですが)

昨日、土曜は、ホテルデルコロナドのSPAでマッサージを受けた後、のんびりと海でも見ながら、と言う計画だったのだけど・・・・。残念ながら、お天気には恵まれなかったです。

早起きして、やって来ました、コロナドアイランド。 海辺の街共通なのか・・。何となくマイアミのサウスビーチを感じさせる街並みです。

 

下↓の写真は、車のフロントガラス越しに撮りましたので、青空じゃなくて、ガラスの青さ。

ここは雪、とまでは行かないまでも、天気はどんより曇り。そして肌寒い・・。それでも、どことなく海辺の街を感じさせてくれるコロナドはいつ来ても、落ち着きます。そして見えてきましたね、あのホテル

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

SPA愛好家 [亜米利加SPA事情]

エネルギーを大切にする私としては、これを書かずにはいられない。

今回ベガス滞在中、週末の土曜の午前中がぽっかり空いたので、WynnにあるSPA を堪能した。
受けたのは、“Good Luck Ritual”。なんだろね、このネーミング。カジノがあたるんかい?
と、思わず興味をそそられ申し込む。どこが癒しなんだろね。

風水を元に鐘を鳴らしてアジアチックな儀式が始めと終わりにあるが、本当に方角を考慮してベッドが置かれてるかは疑問。50分の全身マッサージと(しかもかなりディープ)、頭蓋骨、手、足の丹念なマッサージの計80分。もう心の底から全身とろけてしもた。ジャグジーは大きくてかなり良い。サウナと大事なスティームサウナもある。WynnのSPAの良さは、これらの施設が一日使用可能な事。マッサージを受けに来てそれで終わりでは無く、又後で戻って来ても良い。唯一の欠点は、休憩する場所が余り無い。例えばサウナに入った後、へべれけ~、と横たわって少しゆったりしたい所だが、その専用スペースが無い。強いて言えば、ジャグジーの周りにデッキチェアーが並べてあるのと、受付付近のソファーなのだけど。なんか落ち着かない雰囲気。

まっ、私はSPAに関しては辛口評論家なので、ちょっと観点が厳しすぎるかも?でも、決して安いお金を払ってる訳ではないので、100%ご満悦なSPAをとことんエンジョイしたいよね。そう言う意味では、ここはB+かな。ストリップ上の殆どのホテルにはSPAがあるので、ベガスの旅を計画されるのだったら、このSPAを考慮に入れて宿泊先を決める事をお勧めします。大抵のSPAは宿泊者のみに開放されてるので。

今まで行ったSPAで私がAをつけたのは一つしかありまへん。ニューヨークの
マンダリンオリエンタル。。ここは最高。でも超高い。うへ~と驚嘆する位、高い。
ニューヨークはタックスが多いから。でもサイコ~♪自分へのサイコーの贅沢なプレゼントになるよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
亜米利加SPA事情 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。