So-net無料ブログ作成

まさかトランプがね。。でも、おぞましい予感はあった。(その1) [亜米利加生活]

2016年12月21日  冬至。

最後に投稿したのが、2015年4月、日本への出張前。

あれから1年半以上が経過しましたが、相変わらず増える閲覧数に、変わらぬ読者数。
閲覧の殆どの方が、RSSでBookmarkをされている方の様で、
全く更新をしておりませんのに、時々訪問して、様子を見に来て下さるのか。
それとも、時々、このだらだらの長文が恋しくなるのか(笑)。
色々妄想を膨らませておりますが、何はともあれ、大変有難いと思っております。

有難うございます。m(_ _)m 良いお年をお迎えください(って、未だ文頭なのに・笑)。

お陰様で、私は、何事も変わらずアクティブに、元気にやっております。
サンディエゴと言う場所が、とても肌に合っているのでしょう。風邪すら引きません。
仕事は、2014年秋に転職した先で、今年丸2年が過ぎました。
前回の投稿から、日本には、4回(休暇)、ロンドンへ10年ぶり位に1回(仕事)、
今年の夏にヨーロッパ(初チェコはプラハ、初イタリアはベニス、そしてイギリスの初ウィンザー城、バス、そしてストーンヘンジ)へ1回。
これで訪問国、40カ国を達成。38カ国で随分長い事止まっていたので、達成感もひとしお。

特筆すべきは、昨年の8月は、終戦70周年で、広島と長崎に初めて行き(やっと行けて)、
原爆記念式典に出席して来ました。なので、今年のオバマ大統領の広島訪問は、本当に嬉しかったです。
今年の11月中旬は(ほんの1ヶ月前ですが・笑)、アメリカズカップの運営のサポートで再度福岡に行きました。

アメリカ国内は、ちょろちょろ行ってますが、大きい所では、
久しぶりにマイアミ、ハワイ(オアフ島・パールハーバーも行きました。)と、
北カリフォルニアの、初マウントシャスタ。

ほんとはもっと行きたい所ですが。。。。全く貯金が貯まりません(笑)
これだけの旅の事を書くだけでも、原稿用紙100万枚位は書けそうな
(私の場合誇張にはならないかも・笑)、内容の濃い旅でした。
いつか細々と書ける時が来る事を夢見て。

来年3月末で、サンディエゴに引っ越してから、早10年が過ぎます。
過去20年間の半分以上が、サンディエゴ在住となりました。
今迄2-3年毎に新しい所に引越しをしていたので、サンディエゴ在住のこの10年、
同じ場所に住み、毎年同じ行事をこなし、新しい友ができ、以前からの友が去って行き。。
ただ、同じ事を毎年繰り返しているうちにただ月日を重ねている平凡さに、
喜びを感じている次第です。
これでは、サンディエゴが自分の家、と感じるのも納得です。
サンディエゴは余りにも良い所なので、1週間以上留守にしたくないのです。
どこに旅行に行っても、1週間位するとサンディエゴが恋しくなります。

この感覚は、日本に住んでいる時はありませんでした。
もちろん家として、日本に帰るとほっとする、と言うのはありました。
成田空港に着陸した時の安堵感。海外に旅された方なら、どなたも感じた事があると思います。
が、暫く日本にいると、段々窮屈に感じて来て、いつも“早く脱出したい”、と考えていました。

今の私にとっての日本は、変わらぬ“故郷”ですが、
帰る場所、ではなくなってしまいました。訪問者として、観光客として、純粋に楽しむ場所。
成田に到着した時は、何とも言えない複雑な感情があがります。
懐かしいと言う郷愁と、久々に友達や家族に逢えると言う嬉しさ。
そして、随分故郷から離れてしまったのだな、と言う哀しさ、なのか、憐れさなのか。
この離れた、と言う感覚は、物理的のみならず、心理的に。

日本は、今でも自分のDNAや原点を確認する場所ではあるのですが、
今の東京は、私が住んでいた頃の記憶とは随分街並みも変わってしまい、
そして暮らす人々も変わってしまった様な気がして。
そう感じるのは何故なのか。私の日本での暮らしの記憶が曖昧になって行く中、
私が自分の“理想”とする日本・日本人のイメージを築き上げて、
それを自分の記憶としているせいなのか。それとも、日本・日本人が、
私が住んでいた2000年位迄と比べて、随分変わってしまったからなのか。
多分、その両方なのではないか、と思っております。
そんな理屈は抜きにして、アメリカでは経験できないたくさんの事を日本に帰る度、
味わって楽しんでおります。そして、そのどれもが私にとっては、
愛おしい“日本”の姿なのです。それを書くだけでも原稿用紙100万枚位になりそう(笑)

さて。。今日の本題。

この人が大統領に選ばれた瞬間から、私はこのブログにこの次期大統領が何故選ばれたのか、を
書かないといけない気がしておりました。

今日は、前置きが長いので(いつもの事ですが・笑)、本題の触りだけ書いて、
後は、少しずつ書いて行こうと思います。

これが又来年の今頃にならない様に。。。(苦笑)

今回の大統領選挙に関して、私は、最初から“無視”をしておりました。
無視、と言うのは余りにも情けない対応ではありますが。

何故無視をしていたか、と言うと。共和党も民主党も大統領候補者のどれもが、
全く心に響いて来なかったからです。誰になっても皆同じ?みたいな感じ。。。
この無関心さは、オバマ大統領が候補に出てきた、2008年、2012年の時とは
大きな違いです。

特に民主党の方は、最初候補者が16人位もいて。ディベートをやると、喧々諤々、
悪口の掛け合いで、見ていると気分が悪くなって来るのです。
結局、その悪口の掛け合いと言うのは、最後の最後、ヒラリー対トランプの決戦まで
行なわれていて、何とも後味の悪いディベートでした。

オバマ大統領の時は、ディベートの時から全部見ておりましたが、
今回は、テレビすら見ませんでした。インターネットでのディベートのサマリーを読んで、
後は、サタデーナイトライブと言う番組のパロディーを見る程度。

無関心とは言え、心の中で、強く願っている事がありました。

“まさか、トランプだけは選ばないよね。いくら何でも。。”

2012年の民主党からの大統領候補、マッケイン陣営の副大統領候補だった、サラペイレン。
私はこの女性が、もしアメリカの副大統領になったら、日本に帰ると、周りに豪語しておりました。
その裏には、アメリカ人が、この女性を副大統領として選ぶはずがない。そう信じておりました。

今回も、もしトランプが大統領になったら、日本に帰ると、私は行っても良さそうだったのですが。
今回は言えませんでした。 何となく、彼が大統領に選ばれてしまう様な気がしたからです。

でも、まさかトランプを大統領に選ばないだろう、とアメリカ人を信頼したい気持ちもありました。
私の周りにいるアメリカ人の友人は皆口を揃えて、“トランプが選ばれるはずがない。”と言っていました。

しかし、私は怖かったのです。

ので、私が取った行動は、“完全な無視”。シャットダウン。。“否定”、現実回避。
英語で言う“ディナイアル”、大統領選挙が行なわれていると言う事実、
トランプが民主党の大統領候補に選ばれてしまった、と言う現実を直視せず全てを否定。
の引きこもり状態で、無事選挙後までを乗り切ろう、と。

選挙当日も、いつもならテレビで速報結果を見ているのですが、今回は、ネイルサロンで
ネイルをしていました(笑)。

そして。。フロリダが落ちた(赤になってしまった・・・)の速報をスマホで見た時は、
もう、あかん(何故ここで大阪弁?)と思いました。

因みに、赤が民主党(リパブリカン)、青が共和党(デモクラッツ)。
選挙速報では、どの州が赤になったか、青になったか、で選挙人の数の票が夫々の候補者に追加される。
どちらの候補の票数がいくつになったか、と速報で報じられるのですが、
まるで、スポーツでも見ているかの様です。

これだけ多人種が3億人も住むアメリカで、政党が2大政党のみ。
これで、良く政治が成り立つものだ、と常々思っておりましたが、
今回の選挙では、同じ政党でも、意見の対立が見られるのが顕著になったのではないか、
と言う事と、たった二人きりの大統領候補から一人を選ぶ事の難しさを、誰もが感じたのでは
ないか、と思います。

では、今回はここまでにして。。また次回まで(再来年の今頃になりませんように・・笑)

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 4

YAP

お久しぶりです。
私も RSS 登録してますから、Zunkoさんの記事更新を逃しませんよ。
(私にとっては)他の国のこととはいえ、大統領選挙は驚きましたね。
同僚にはいろいろな国籍の人がいるのですが、みんな苦笑いでした。
さて、来年からどうなることやら、ですね。
by YAP (2016-12-22 19:25) 

Zunko

YAPさん お久しぶりです。

いつも有難うございますm(_ _)m

そうですね。FB見ていても、私のアメリカ人以外の友人達は、
皆、トランプはサポートしておりませんでしたから。

TPPを辞めるとか。キューバとの国交回復を白紙にするとか。
地球温暖化(今は温暖化と言わず、Climate change-気候変動と言われていますが)は全くのまやかしと言って京都議定書を撤回する意向とか。
今迄の政策路線と全く違う事をやろうとしていますね、既に。
オバマが8年間にやった事をただ白紙に戻そうとしている様にしか見えず、
ますます、あさましいです。
by Zunko (2016-12-23 01:52) 

TaekoLovesParis

私の友達は、選挙をしたいからと、国籍をアメリカにしたのんですよ。
彼女は、フィラデルフィア在でヒラリーの大ファン。初の女性大統領誕生を期待していました。それだけに、ペンシルヴァニアで民主党が負けたことにがっくりで、、しばらく立ちなおれなかったようでした。
by TaekoLovesParis (2016-12-25 00:55) 

Zunko

TaekoLovesParis さん こんにちは。

その気持ち、わかります・・・。
ペンシルベニアは、フィリーでミッシェルオバマが素晴らしい演説をしたので大丈夫と思っていましたが・・・。でも、多分、ペンシルベニア州も他の州と同じで、都心部は、青、郊外が赤、と言う結果だったと思います。

私は、日本が、ダブル国籍を認めていないので、アメリカ国籍を取っていませんのでね。(取れますし、皆やっている事なのですけれどね。)
今回ほど、選挙権のない自分を恥じた事はなかったです。大統領選挙以外に、
州や市の法律を決める投票もありまして。例えば、マリファナの合法化、ビニール袋の廃止、新しく開発が予定されている公園の合否、等。本当にたくさんの決議があります。。日本もそうすれば良いのになあ、と思います。

今は、後4年どうやって乗り切るか、と言う話しで盛り上がり中です(笑)
by Zunko (2016-12-26 02:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。